ホワイトニングを

高校生になったころに、雑誌でホワイトニングのページをみてやってみたいと思った。
歯が気持ち黄ばんでいるような気が前からしていて、きれいにしたいなとは思っていた。
生活をしていると、食事で着色をすることは多いらしく、気をつけていても、着色してしまうと、なかなか落ちないらしい。
それを知り、ホワイトニングをしようと思った。
すごく黄ばんでいるわけでもないが、気にし始めると止まらないのだ。
口元に目がいく人もいるだろうなと思うとさらに気になる。
ホワイトニングを予約した日は、かなり楽しみだった。
一回で効果がでなくても、きれいになれると思うだけで気分も違った。
友達もホワイトニングをしているみたいで、写メで比較しているのをみせてくれた。
すごくきれいになってて、気になるのなら、絶対にするべきだよ!と言われた。
今しかできないことをしないと後悔するしねといっていて、たしかにそうだなと思った。
お金がかかることなので、なかなか続けるのは難しいが、頑張ってバイトをして、自分に投資をしようと思った。
楽しみがあるとバイトも頑張ることができる。